» 2005 » 10月 » 03のブログ記事

r_konowata.jpg
このわた(海鼠腸)とは、漢字で書くとおり、なまこ(海鼠)からほんの少しだけ取れる腸の塩漬です。
なまこから取り出した内臓をよく水洗いして泥などを除き、塩で漬込んで熟成させます。琥珀色をした光沢のあるものが上品とされています。
からすみ(唐墨)、うに(雲丹)と並び、日本の三大珍味と並び称されています。
【お召しあがり方】
細長いひも状でビン詰めになっていますので、軽く包丁をあててお召し上がりください。
酒の肴はもちろんですが、ご飯に乗せると、とってもリッチな気分。
うずらの卵を落としたり、とろろ芋、いかやえびの刺身などと和えても美味しくいただけます。
ほんのひとかけらでも、口に入れると「潮の香り」、いえ「海」そのものが感じられるような、そんな味です。

の続きを読む »

r_makiburi05.jpg
外装ののセロファンを取り、巻き縄を解きます。
r_makiburi06.jpg
品質保持に万全を期すために、中身は真空シールされています。
お好みの厚さにスライスしてお召しあがりください。
r_makiburi01.jpg
そのままスライスした巻鰤(ぶり)です。
かなり塩味が効いていますので、一切れでいくらでも飲めそう・・・。
r_makiburi03.jpg
清酒に浸した巻鰤です。
10分~30分くらい、お好みの塩加減でお召し上がりください。
巻鰤(まきぶり)のご注文はこちらです。
http://www.ishikawaya.com/shohin_sakana_makiburi.htm

r_makiburi02.jpg
古くより能登に伝わる名産品です。
元々、脂の乗った冬に獲れたぶりを、塩で保存し、年中美味しく食べられるよう工夫した保存食でしたが、ぶりの旨味がギュッと詰まった珍味として、食通に愛されています。
そのままスライスしてもお召し上がりいただけますが、清酒又はみりんに浸すと一層風味が増して美味しくいただけます。
熱燗の肴に極上の逸品ですよ。

の続きを読む »

【いしかわや】について

いしかわやは、石川県の産品を中心に、美味しいおつまみをお届けするお店です

【いしかわや】は、能登で獲れたイカ、魚醤油いしり、ふぐの子糠漬など北陸の味覚と、くちこ、からすみ、塩辛など珍味をお届けするお店です。
〒923-0901
石川県小松市泉町28番地
TEL 076-249-6072
FAX 076-249-6079
info@ishikawaya.com http://www.ishikawaya.com/
【いしかわや】携帯電話用QRコード
【いしかわや】は携帯電話からもお買い物ができます
アクセスは、QRコードを読み込むか
http://ishikawaya.com/m/
とアドレス欄にご入力ください。

twitter

携帯でも読めます

いしかわや日誌QRコード
「いしかわや日誌」は携帯電話からもご覧いただけます。
アクセスは、QRコードを読み込むか
http://ishikawaya.biz/
とアドレス欄にご入力ください。