好天に恵まれた立春の日曜、能登町の松波酒造さんにお邪魔し、酒蔵見学をさせていただきました。
松波酒造さん
創業時(明治元年)の建物で今も日本酒「大江山」を造っています。
若女将の聖子さん
ガイドしてくれたのは若女将の聖子さん、元気印のさわやかなお嬢さんですよ。
ダイナミックに熟成しているお酒
炭酸ガスが沸々と気泡を作っています。「お酒ってこんなにも生き生きとしているものなんだ!」とカルチャーショックを受けました。


 
 
槽(ふね)
続いて見せていただいたのは「槽(ふね)」。モロミをこの中に入れ「重り」を乗せてお酒を絞りだす昔ながらの手法。この手間ひまが美味しさの秘密なのですね。
「槽(ふね)」の中には酒粕が残ります。
新酒
絞り出されてきた、まさに、出来立てホヤホヤの新酒。甘く爽やかな香りをキラキラと放つようです。
コンヤ父が試飲
コンヤ父が試飲、初めて飲む絞りたての新酒の「シュワッとした風味」に大変驚いていました。
私はドライバーだったので、試飲は泣く泣く断念。
聖子さんいわく「爽やかな香りと荒々しさを兼ねそなえた味」。
巨大なお釜
こちらはお酒用のご飯を蒸す巨大な釜。
なんとコレを(クレーンを使わず)人力で持ち上げたりひっくり返したりする、と聞いて一堂オドロキ。
聖子さんとお母様
酒蔵見学を終えて、作りたての大江山のにごり酒「波の花」絞りたての酒粕などを買わせていただきました。
聖子ちゃん、お母さん、皆さま、ありがとうございました。
波の花
帰宅後、「波の花」をゆっくりと味わいました。
なるほど、「活き活きとした酒」とはこういうものか、と鮮烈な味わいに舌鼓。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

【いしかわや】について

いしかわやは、石川県の産品を中心に、美味しいおつまみをお届けするお店です

【いしかわや】は、能登で獲れたイカ、魚醤油いしり、ふぐの子糠漬など北陸の味覚と、くちこ、からすみ、塩辛など珍味をお届けするお店です。
〒923-0901
石川県小松市泉町28番地
TEL 076-249-6072
FAX 076-249-6079
info@ishikawaya.com http://www.ishikawaya.com/
【いしかわや】携帯電話用QRコード
【いしかわや】は携帯電話からもお買い物ができます
アクセスは、QRコードを読み込むか
http://ishikawaya.com/m/
とアドレス欄にご入力ください。

twitter

携帯でも読めます

いしかわや日誌QRコード
「いしかわや日誌」は携帯電話からもご覧いただけます。
アクセスは、QRコードを読み込むか
http://ishikawaya.biz/
とアドレス欄にご入力ください。